スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Titanium StudioにAndroid Developers Toolを入れてみたが...

Titanium Mobileでアプリを作らずStudioばかり弄んでる日々が続いてます。
とりあえずちょこちょことアプリを作ってみたんですが、アプリマーケットに出すに当たってメモリリークの心配とかしなくてもいいのかしらんと別にマーケットに出すわけでもないのに無駄に心配になってきたので、その辺ってTitanium Mobileどうなのよと調べてみるとどうもメモリ管理はTitaniumに任せておけばOK!ってことらしい。

余計な事はメモリリーク起きてから心配すりゃいいんだろうけど、実機でメモリがどう使われてるかってそういや見たことなかったなーと思い、Titanium Studioに試しにADTを入れてみた経緯をまとめました。

eclipseのADTインストール手順にならってアップデートの確認
update

ADTのリポジトリを登録
repo

インストールするADTが表示された
adt

ためしにインストールすると...
adt_fault
失敗しますた><

この時点でAppceleratorがADTを使ってくれるなと言ってるようなもんだと薄々気づきつつ、無理矢理インストールを進めることにする。

一旦更新画面を閉じ、設定を再度開き、使用可能なソフトウェア・サイトを追加する。
20110408_93610.jpg

Eclipse Helios Update Site
Titanium Studio Nightly Update
Titanium Studio Stable Update


にチェックを入れて再度更新!

20110408_93826.jpg
おおっ、依存関係チェックをクリア!

20110408_93954.jpg
インストールが始まります。

再起動が促させるので、Titanium Studioを再起動すると...
20110408_101552.jpg
DDMSが追加されてる!やったね!

試しにT-01Cを接続して、DDMSを開くと
20110408_101641.jpg
ウィンドウに表示されてるのが確認できます。

さて、無事にDDMSも入ったし、実機でテストするためにAndroidプロジェクトを新規で作る。
20110408_141730.jpg

Titanium Studioでコンパイルしてできたjavaをプロジェクトに登録するため、外部リソースからプロジェクトを作成を選択
20110408_142215.jpg
SampleAppって名前で作ってたので適当なプロジェクト名をつける

プロジェクトができるが、なにやらエラーで怒ってる様子。
20110408_142244.jpg

titanium.jarが無い、だと.....
20110408_142323.jpg


とりあえずtitanium.jarはgitまたはzipの下のパスに入ってたのをコピーしてみる。

titanium_mobile/demos/ApiCheck/build/android/lib/titanium.jar



titanium.jarはローカルにもありました(winxp)。

%SystemDrive%:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Titanium\mobilesdk\win32\1.6.1\android\titanium.jar



とりあえずエラーは消えたぽい
20110408_142644.jpg

Androidアプリケーションの実行構成を作る。
20110408_142727.jpg

アンドロイド端末をつないで実行!



さて、結果は......



20110408_144449.jpg
失敗しますた><

何か根本から間違ってるのかも知らん。誰か知ってたら教えてください。
ていうかよく考えたらapp.apkをSDカードとかFTP経由でインストールすりゃ一応DDMSでも追えるんだよね。
ただその場合でもレジスタやメモリは表示されないから意味ないけどorz

ちなみにこれをやると100% Titanium Studioのプロジェクトもおかしくなって作り直しになるので、解決策を知ってる人以外はやっちゃダメだと思います!
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://epigonen190.blog.fc2.com/tb.php/10-7fb02fe1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。