スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Titanium Studioの開発環境の充実化を図る

Titanium Studioの環境周りばかり弄ってて、開発が全く進んでいない僕ですが、今回もまた開発環境をいじるお話です。

いきなりですが、ケータイサイト担当者がスマホアプリを作る場合、DBとかJSONリクエストとか既存リソースを使って作るケースがあると思います。

eclipseにはリモート・エクスプローラという、リモートで直接開発できるプラグインがありまして、これがかなり使いやすいので自分は普段から愛用してるのですが、今回はローカル開発環境であるTitanium Studioにもこの素晴らしい機能を導入し、まるっと開発環境をpleiadesからTitanium Studioに移す、というお話です。

以前のエントリで、アップデートサイトに無理矢理EclipseのUpdateを含めれば、とりあえずアップデートだけはしてくれるのがわかったので、今回もEclipse Helios Update Siteを指定します。
20110412_124442.jpg

リモートシステムエクスプローラ(RSE)のインストール先は

http://download.eclipse.org/dsdp/tm/updates/3.2/


なので、すでに使用可能なソフトウェア・サイトに入ってる場合はそのサイトを、無ければ追加してチェックを入れます。

ヘルプ→更新ソフトウェアのインストールを選択します。
20110412_124520.jpg

作業対象にRSEのインストールサイトを選び、TM and RSE Uncategorizedにチェックを入れます。
20110412_140629.jpg

インストールが始まります。
20110412_124621.jpg



インストールが終わったら再起動や!



パースペクティブを開くと。。。
20110412_124715.jpg
追加されてる!

ちゃんと使えるよ!
rse.jpg

ちなみにTitanium Studioだと、デフォルトでPHP開発環境が入ってるのでPDTを入れなくても、すぐリモートのPHPサーバ開発ができます。
これによってPHPサーバのJSONを直修正→アプリで取得、なんて開発がスムーズに出来るんじゃないかな。

とか言ってるけど、まだアプリ開発ほとんど進めてないんだけどね!

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://epigonen190.blog.fc2.com/tb.php/13-b0ba6e54
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。