スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Titanium Studioでどうにかログを吐く方法

昨日の話で、Titanium Studioでログが出せないと書いたんですが、どうやらTitanium Developer経由であればログが出せるようなので、方法をまとめました。
ちなみにビルド:1.0.0.201104201539でやってます。

まず最初にプロジェクトを作るんですが、これをTitanium StudioではなくTitanium Developerのほうで行います。
20110422_104325.jpg
適当なプロジェクトを作成

次にTitanium Studioを立ち上げて、新しいプロジェクトを追加します。
20110422_104413.jpg

プロジェクト名, AppID, URLはDeveloperと揃えますが、デフォルトのロケーションは使わずにDeveloperで作ったパスを指定します。
20110422_104604.jpg

20110422_104624.jpg
ライセンスファイルがダブってると怒られたけど(゚ε゚)キニシナイ!!

最初に展開されるapp.jsに、試しにログ出力を追加
20110422_104721.jpg
リダイレクトメッセージは何でもいいです。

この時点で普通にエミュレーターの実行設定を追加します。
20110422_104849.jpg

実行!
20110422_105055.jpg
Titanium Studioには相変わらずメッセージは表示されない

しかしDeveloperのコンソールを見てみると。。。
20110422_105147.jpg
おおっ、表示された!

どうやらTitanium Developerで作ったプロジェクトをTitanium Studioでビルドするとコンソールが共有される仕様のようだ。
たぶん暫定的な対応なんだろうけど、これでデバッグが(ちょっとは)楽になったらこんな幸せなことはないですね。


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://epigonen190.blog.fc2.com/tb.php/17-36239070
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。