スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

migrationファイルにPROCEDUREを書く方法(Rails3)

Rails+MySQLな環境で、日時処理なんかでカラムの値を集計する場合、簡単な集計処理ならバッチを書かずにプロシージャに任せて、イベントスケジューラ実行、なんてことがあると思います。

Railsで開発してるとプロシージャもmigrationファイルに書く必要があると思うんですが、その備忘録

def up
execute "CREATE PROCEDURE hogehoge_summary()
    BEGIN
        プロシージャ本文
    END"
end

def down
    execute "DROP PROCEDURE IF EXISTS hogehoge_summary"
end



別に気を付ける部分もないと思うんですが、migrationのなかではデリミタ指定が使えないのと、そのせいでcreateとdrop if existsが一緒に書けないのでupとdownでわけないとダメでした。

うーん、rubyアイドルと恋に落ちたい。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://epigonen190.blog.fc2.com/tb.php/37-5b4c5266
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。