スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ActiveRecord使ってMySQLの日付関数呼び出す時の注意

AWS+RDSでRailsを使ったりしてると、RDSのタイムゾーンがUTCから変更できない関係で、けっこう時間の扱いに悩みます。

大抵の場合、application.rbに

config.time_zone = 'Tokyo'


とかやってお茶を濁すわけですが。

config.time_zoneはあくまでアプリケーション側の時間の扱いなので、DBのタイムゾーンを帰るわけではありません。

なので、date関数とか使うとUTC扱いになって困っちゃったりするわけです。

そういう場合はCONVERT_TZで無理くりJSTにします。

User.where("DATE(CONVERT_TZ(regist_day,\"+00:00\",\"+09:00\"))

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://epigonen190.blog.fc2.com/tb.php/61-b001a9ba
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。